たよりの紹介292号

2019/2/3


上記の写真は横須賀港で抗議行動している時の写真です。




あなたは人目にこのページを見てくれました。

ご意見をお聞かせ下さい。アドレスは"bqa01737@nifty.com"です。 Eメールはこちら


お知らせ

2016年9月より、http://itsuharu-world.la.coocan.jpに移行します。

次回定例デモは2019年2月24日(日)3時30分集合4時、出発です。

どなたでも参加出来ます。


「ときわ」でのパワハラ自殺事件を機にホットラインを独立した掲示板として、その中で相談に応じる形にしました。
リニューアルしました。自衛官市民ホットライン・ヨコスカ


学習会です。


いずも空母化に抗議する行動を平和船団と一緒におこないました。



2018.12.30「いずも」乗組員への放送
 「いずも」の乗組員のみなさん、聞こえますか。私たちはヨコスカ平和船団です。
 政府は新たな「防衛計画の大綱」を閣議決定し、「いずも」を、F35B戦闘機が発着できるように改修し、事実上の空母とする考えを示しました。
 「いずも」が空母化すれば、海上攻撃力としてのプラットホームが移動し、戦闘機を載せて世界中どこにでもいって、他国に脅威をあたえることが
 できるようになります。これは、明らかに「専守防衛」からの逸脱です。
 「いずも」は昨年5月、初めての「米艦防護」を実施し、「安保関連法」成立以後の日米一体化を押し進めましたが、今度は「いずも」が、
 「専守防衛」を突き破る兵器の象徴として、私たちの前に現れています。

 今、「いずも」乗組員の皆さんは、自衛隊が「専守防衛」を破ることをどう思っているのでしょうか。多くの皆さんは、そんなつもりで
 自衛隊に入ったんじゃないと思われているのではないかと、私たちは想像します。
 2004年、イラクに派遣される陸上自衛隊部隊の駐屯地がある札幌で、市民団体が行った自衛官アンケートでは、
 自衛官が大切にしたいキーワードの第1位が「専守防衛」、第2位が「9条を守る」でした。
    2001年、米軍の対テロ戦争を支援するために、インド洋での給油活動に派遣された佐世保の部隊では、
 派遣を命じられた複数の自衛官が艦を降り、辞職しました。「戦争するために自衛隊に入ったんじゃない」が、辞職の理由です。
 「いずも」乗組員の皆さんの中にも、同じように考える方が、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 「専守防衛」は戦前の過ちを繰り返さないために、また、アジアに軍事的緊張を生み出さないために、そして何よりも、
 皆さんが無用な軍事行動に巻き込まれないために必要だと決められた「約束」です。政府は、今その大切な約束を、
 自衛官の皆さんにはなんの相談もなく、捨て去ろうとしています。
 「いずも」乗組員のみなさん、ぜひ、艦の中で、あるいはご家族といっしょに、「いずも」の空母化について話してみてください。
 自衛隊がこのまま「専守防衛」を捨て、米軍とともに軍事行動にのめり込んでいくことが、ほんとうに日本の平和にとって必要なことか、
 皆さん自身にとって必要なことか、ぜひ話し合ってみてください。
 私たちはヨコスカ平和船団です。「いずも」の皆さん、みなさんの命を大切にしてください。


292号の「たより」の概要

0.こたつカフェと電子紙芝居
1.今年最後の平和船団(12/30)は「いずも」空母化決定に抗議
  12月第2例会
2.「F35Bは艦載機として運用するわけではない」・12月18日防衛省要請報告
  木元茂夫さん
3.神奈川県弁護士会人権賞受賞のお知らせ・非核市民宣言運動・ヨコスカが受賞
  受賞理由・1973年に米空母ミッドウェーが横須賀を母港としたことを契機に発足し、基地のない町を
  作ろうと、平和の声を上げ続けてきた。「糾弾より対話」をモットーに、敵を作らない地道な運動を
  続け、1976年に始まってた月例デモは、2017年9月に500回に達した。基地問題を解説したブックレット
  の発行(30冊)や自衛官の人権問題にも取り組んでいる。
4.レーガン艦載機FA18の未報道事故について
  頼和太郎さん(リムピース編集長)
5.黒塗りは何を隠そうとするのか・海自施設関係資料の情報公開
6.2018年12月・月例デモ「打ち上げ」のひとこと・12月30日
7.平森姫里の月例デモクイズ
8.払込用紙からのひとこと
9.月例でもにひと・小嶋武志さん・連載30
   10.横須賀基地の動き12月
  資料提供リムピースBY BOXER


「たより」を定期購読しませんか?年間購読料2000円です。


防衛大の開校祭、散歩ツアー


原子力空母ロナルド・レーガンの甲板にヘリコプター墜落事故抗議をしました。


10月28日、退役軍人の方の報告集会があります。


2018年ピースフェスティバルが10月21日三笠公園で開催されます。

放射能から子どもたちと未来を守る会・全体会
講演会・「3.11福島から避難してきて」講演者小畑まゆみさん
当日の生々しい報告でした。ヨウ素剤も他の町村では県国の指示がないとして飲ませることができないこともあったようです。

7月16日「基地で働く人々」(写真提供中川茂さん)

7月15日「ちょうちんデモ」吉祥寺へ横須賀の仲間が参加(写真提供中川茂さん)
< 5月29日、原子力空母ロナルドレーガンが横須賀基地より出hウィワ航。米朝会談を邪魔するのか?
写真提供リムピースより


1日遅れの5月22日、ミリウス横須賀米軍基地に母港化された。
写真提供、平和船団、リムピース

横須賀米軍基地に14隻目の配備艦イージス艦ミリウスが母港化される。
5月21日5時PM、ゲート前で抗議行動を行います。
下記のような要請文を横須賀市長に提出する予定です。
横須賀市長
  上地克明様
要請:イージス艦ミリウスの追加配備の中止を
日米両政府に求めてください
2018.5.21
神奈川県平和運動センター
三浦半島地区労
非核市民宣言運動・ヨコスカ
ヨコスカ平和船団

連絡先:本町3?14 山本ビル2階
(新倉携帯)
 追加配備が発表されていたイージス駆逐艦ミリウスが、本日米海軍横須賀基地に入港しました。横須賀母港のイージス艦はこれで12隻(フィッツジェラルドは本国で修理中)となり、
 世界に類のない集中配備がさらに強化されました。
 横須賀母港のイージス艦は、昨年連続して事故を起こし、前進配備そのものがもつ構造的な危険性が指摘されています。「米軍基地の可能なかぎりの返還」をかかげる横須賀市にとっても、
 ミリウスの追加配備は容認できることではないはずです。
 私たちは、上地市長がミリウスの入港に関して、「遺憾の意」を表明されることを求めます。そして、横須賀母港イージス艦の前進配備そのものを再検討するよう、
 日米両政府に申し入れるよう、あらためて要請致します。
 以下にその理由を記します。

1)昨年9月、米議会の会計検査院は、連続するイージス艦の事故に関する「勧告」を公表しました。「勧告」は、海外を母港とする艦船の運用サイクルには、
本国では確保されている訓練期間が省略されている事実を指摘し、「艦船の海外母港による危険性の評価」を求めるという内容です。
 米海軍が発表したイージス艦の連続事故に関する「包括的検討書」でも、事故の背景として浮かび上がった「任務の増加」、「過密スケジュール」、
 「技術の欠如」等は、前進配備という「構造的な問題」によるものとの指摘がなされています。
 会計検査院が求める「艦船の海外母港による危険性の評価」の結果も示されない現状で、横須賀へのイージス艦の追加配備は、安全性の確保の観点からも、とても容認できるものではありません。
2)垂直発射管を有し、動くミサイル発射システムであるイージス艦は、先制攻撃用に開発された巡航ミサイル・トマホークを、実際の戦争でくり返し発射し続けてきました。
 湾岸戦争とイラク戦争。ふたつの戦争の火蓋を切ったのは、横須賀を母港とするイージス艦です。湾岸戦争は「バンカーヒル」、イラク戦争は「カウペンス」と「マケイン」。
 ともに横須賀母港のイージス艦が、トマホークを発射して戦争が始まりました。
 イラク戦争の犠牲者は19万人。その7割の134000人が戦闘に巻き込まれて死亡した一般市民です。アメリカ軍兵士の戦死も4500人を超え、除隊後の自殺者や戦争後遺症に苦しむ元兵士の多さが深刻な問題となっています。
開戦理由とされた、「大量破壊兵器の保有」も、「テロリストをかくまっている」も事実ではなかったことが、米国自身の調査で明らかになっています。
 開戦から14年が過ぎて、アメリカ世論の多くが「誤った戦争」と判断するようになったと伝えられていますが、奪われた命は還ってきません。
 国際法に反する先制攻撃をくり返してきた横須賀のイージス艦。その艦がさらに増えることを容認できる理由がどこにあるでしょうか。
3)4月4日の朝日新聞は、ミサイル警戒中の米海軍のイージス艦に、昨年、海上自衛隊の補給艦が計17回にわたって燃料補給をしたと報じました。
安保関連法(改正自衛隊法100条の6)による日米軍事一体化の新任務です。日本政府は補給の日付や場所などの詳細を明らかにしてはいませんが、
日本海での対北朝鮮シフトであることは明らかです。
 1994年の「朝鮮半島危機」当時、巡航ミサイル・トマホークを使った寧辺(核施設)破壊の計画があったことを、当時米国防長官だったウイリアム・ペリー氏が証言しています(朝日、2017.11.16)。
 1994年当時も、そして2018年の現在も、横須賀を母港とするイージス艦こそが、その任務を果たしうる存在として、24時間態勢で日本海にはり付いています。 
 イージス艦への燃料補給の報道の約3週間後の4月27日、「朝鮮半島の平和、繁栄、統一のための板門店宣言」が発せられました。軍事的な恫喝ではなく、対話による緊張緩和こそが、
 この地に「平和」をもたらすことを、多くの人々が実感しています。
 横須賀へのイージス艦の追加配備は、「対話による緊張緩和」に逆行するものです。横須賀基地の先制攻撃能力の強化が、「平和」に貢献しないことは、湾岸戦争、
 イラク戦争の例を見ても明らかです。ミサイル防衛は、それを打ち破るという大義名分を掲げた軍拡を、相手国に誘発するだけではなく、武器依存を深めることで、
 根本的かつ現実的な解決の役割を果たすべき外交交渉の余地を極端に狭め、軍事的な緊張を恒常化させるものです。横須賀が、こうした緊張を作り出す拠点として強化されることを、私たちは容認できません。
 米海軍が、アジア・太平洋に新たな緊張を作り出す横須賀基地へのイージス艦の追加配備計画を中断し、この地における対話と軍事的緊張緩和のために、
 前進配備の見直しへと方針転換するよう、上地横須賀市長からも提案されるよう、要請致します。
連続講座のお知らせ


連続するイージス艦の事故

証拠物件持ち去るな!
6月17日、伊豆沖で衝突事故を起こしたイージス艦フィッツジェラルドが、輸送船に乗せられ、横須賀基地を出港しようとしています。
 海上保安部による事故調査が進まない段階での横須賀出港は、証拠物件の海外持ち出しであり、日本側の捜査の事実上の終了宣告であって、断じて許すことはできません。
 地位協定の実施に伴う刑事特別法14条は、「合衆国軍事裁判所が裁判権を有する事件であっても、日本国の法令による罪にかかる事件については、
 検察官、検察事務官又は司法警察職員は捜査をすることができる」と規定しています。刑特法13条に強制捜査に関する規定はあるものの、
 地位協定16条の「日本法令尊重義務」から見ても、米側の捜査非協力の姿勢を許すことはできません。

 海上保安部の「弱腰」も問題です。8月8日に行われた、福島瑞穂議員が設定したヒヤリングの場で担当者は、「刑特法14条の規定により、
 本庁の捜査は可能と考えています」、「米軍がどのような意図を持っているかは、必ずしも正確にわかりませんが、我々としては、
 粛々と捜査をやっていくことに変わりはありません」と、捜査について「最大限の努力を重ねる」とくりかえし強調しましたが、
 明日にも輸送という日を迎えた今も、海保は捜査の現状を明らかにしていません。
 地位協定の「壁」が実際にあるなら、それがどのような「壁」で、捜査上どのような問題があるのか、海保は具体的に国民に語るべきです。
 そうした努力を一切せず、フィッツジェラルドの輸送に関しても言及しない姿勢は、海保こそが、地位協定の「壁」に隠れて、
 本来すべき仕事を放棄しているのではないかと言わざるを得ません。今からでもおそくはありません。海の安全を守るという、
 海保の任務と誇りを思い起こし、捜査の続行を宣言してください。

 米海軍は、部分的ではありますが、事故調査報告書をネット上で公開し、事故の原因をそれなりに明らかにしつつあります。
 初歩的なミスの積み重ねによって事故が起きていることが報告されていますが、ベースに乗組員の疲労があることに、注目しない訳にはいきません。
 フィッツジェラルドは、事故を起こす前、2月から6月にかけて、110日間連続の作戦任務に就いています。一度横須賀に戻りましたが、
 わずか9日間の滞在は、乗組員にとって「適切な休養を保障する改善策とはならなかった」(事故調査報告書)のです。
 会計監査院の高官も、過度な負担や訓練不足が事故に繋がったと議会で証言しています。横須賀のイージス艦が日本海で24時間態勢で、
 ミサイル防衛任務についていることも報道されました。北朝鮮への軍事的な威圧行動に前のめりになるのではなく、
 緊張緩和こそが乗組員の安全のためにも望ましい選択です。
 海軍作戦部長は、個々の艦船の負担を減らすため、横須賀配備の増艦をほのめかしていますが、
 乗組員に過重な負担を強いる前進配備の見直しこそが求められています。米海軍は、来年以降に予定されているミリウスの配備計画を白紙に戻し、
 アジア戦力の見直しの中から、イージス艦の横須賀への前進配備を再検討する道を選ぶことを、私たち横須賀市民は強く望みます。
2017.11.27
月例デモ参加者一同
ヨコスカ平和船団/非核市民宣言運動・ヨコスカ


民間船と衝突事故を起こし、米国に帰るイージス艦フィッツジェラルド。事故究明もせず、証拠隠滅で逃げるのか?


第32回ピースフェスティバルは台風が接近し、大雨が予想されますので中止します。
2017年10月22日第32回ピースフェスティバルが行われます。


2017年8月9日、自衛艦いずも、米艦原子力空母ロナルド・レーガン、同日帰港、米艦防護をしていた可能性あり。

   5月7日、ロナルド・レーガン横須賀基地から離岸、試験航海と思われます。


平和船団写真Iさん提供

5月1日、横須賀の自衛艦「いずも」の米軍防護に抗議をしました。

昨日2017年4月17日、米軍横須賀基地にシリア空爆への抗議文を提出しました。

在日米海軍司令官 ローレンス・ニコルソン様
2017.4.17
非核市民宣言運動・ヨコスカ/ヨコスカ平和船団
横須賀市本町3-14 山本ビル2階
抗議と申し入れ
 4月6日(日本時間7日)、米軍はシリアの空軍基地へ、地中海の2隻の駆逐艦から59発の巡航ミサイル・トマホークを打ち込みました。
 トランプ大統領はこの攻撃を、アサド政権が化学兵器を使って、罪のない市民を殺害したことへの対抗措置だといいます。
 化学兵器の使用は国際法違反で批判されるべきことですが、米軍のトマホーク攻撃も、アサド政権が化学兵器を使用した証拠を示さないままの、
 国際法の手続きを無視した違法な武力行使です。さらに13日には、アフガニスタンのISの拠点に、通常兵器では最大の破壊力があるという大規模爆風爆弾を、
 初めて実戦で使用しました。米国はなぜこれほど急激に世界に緊張状態をつくり出そうとしているのでしょうか。
 イラク戦争も、フセイン政権による大量破壊兵器の保有という、事実ではない理由によって引き起こされました。
 基地の町に暮らす市民としてどうしても指摘したいことは、こうした有無を言わせない米国の軍事力の投入が、むしろ「平和」を遠ざけ、
 より大きな混乱をつくりだしているという事実です。米国のイラク侵攻がISを生んだ、と多くの識者が指摘します。武力で平和は生まれません。この現実をぜひ直視してください。

 先制攻撃兵器として開発されたトマホークが、最初に使われたのは湾岸戦争でした。この戦争で最も早くトマホークを発射したのは、
 ペルシャ湾にいた横須賀母港のミサイル巡洋艦「バンカーヒル」です。そして最も多くのトマホークを発射したのも横須賀母港の駆逐艦「ファイフ」でした。
 イラク戦争も、戦争開始の最初の一撃は、横須賀を母港とするミサイル巡洋艦「カウペンス」から発射されたトマホークです。
 米国が先制攻撃の基地を置く横須賀に、私たちは暮らしています。シリアへのトマホーク攻撃は、この町の役割を改めて思い起こさせるものでした。
 私たちが横須賀基地のゲート前で繰り返して掲げたプラカードの言葉を、ここに記します。「WAR IS NOT THE ANSWER」。戦争は答ではありません。

 シリアへのトマホーク攻撃は北朝鮮への警告を含んでいると言われています。それを裏付けるように、原子力空母「カールビンソン」打撃群が朝鮮半島周辺海域へ向かっています。
 近海での自衛隊との軍事演習も計画されていると伝えられました。軍事力の威嚇を背景に、北朝鮮政権に対し、ミサイル発射や核実験を中止するように迫っているのでしょうが、
 あまりにも危険な「砲艦外交」と言わざるを得ません。
 1994年の朝鮮半島危機が回避されたのは想定される被害の大きさでした(たとえば「米軍人死傷者52000人、韓国軍人死傷者49万人」産經新聞、1997.12.7)。
 もし今、朝鮮半島で武力衝突が起れば、1994年をはるかに上回る被害が予測されます。だからこそ、一方の当事者である韓国政府は、「核問題解決が目的であったとしても、
 国民の安全を守る立場からすると他の多くの問題点を考えざるを得ない」(統一相)、「問題の平和的な解決を図る」(統一省報道官)(ともに神奈川新聞、2017.4.12)との立場を表明します。
 もう一度繰りかえします。戦争は答えではありません。朝鮮半島近海から空母打撃群を撤退させ、北朝鮮が19年ぶりに外交委員会を復活させたことにも注目しながら、対話の道を探ることを強く望みます。

 横須賀では、原子力空母の定期修理によって生じた放射性廃棄物の搬出が行われようとしています。原子力艦の日本国内での修理も、放射性物質の艦外への運び出しも、
 米原子力艦の日本国内での運用についての日米合意「エード・メモワール」に反します。
 個々の基地で繰り返される、こうした日常的な約束違反から、国際法違反の先制攻撃まで、軍事力が持つ構造的な問題点、あるいは大国の身勝手を、
 基地の町に暮らす私たちはずっと見てきました。だからこそ私たちは、今日の状況に大きな不安を抱きます。19日にはペンス副大統領が横須賀基地に来て、
 原子力空母「ロナルド・レーガン」を視察すると言われていることも大きな不安材料です。
 私たちは申し入れます。これ以上軍事的な緊張を高めないでください。「カールビンソン」をただちに本国に戻してください。
 横須賀母港艦船の朝鮮半島周辺海域への派遣も、絶対に行わないでください。




    イージス巡洋艦「アンティータム」の事故に抗議する。
米海軍司令官 殿
「非核市民宣言運動・ヨコスカ」「ヨコスカ平和船団」
連絡先 横須賀市本町3−14山本ビル2階 TEL/FAX 046・825・0157 
1月31日巡洋艦「アンティータム」が横須賀沖で停泊中に浅瀬に接触し、油が海に流出した、との報道がありました。市への第一報は6時間後であり、
その内容も「浅瀬でプロペラを損傷した」との連絡、「4千リットルの油が海に流出」との確定情報が米側から入ったのは33時間後でした(朝日新聞2月3日)
別の情報では第一報が機関損傷で第二報が浅瀬に接触し、スクリュウが損傷、だったそうです。
米軍の事故報告は遅いし、未だに場所も原因も特定されておらず、その全容も明らかにされていない、市民の安全や環境への配慮が後回しにされています。
第一報を聞いたときは「まさか?」と疑いました、通いなれた?横須賀基地の入り口で座礁事故を起こすとは!しかも停泊中とは呆れた事故です。
イージス艦は高度な防空・攻撃能力を有しているとされています。その高度なシステムを持ちながら初歩的なミス、停泊中に座礁とは驚きです。
現代では、プレジャーボートでさえもGPS装置によって走錨を防ぐアラームは持っています。事故原因の究明が不可欠です。
2009年2月15日、イージス艦「ラッセン」とプレジャーボートが接触事故を起こし、「ラッセン」の艦長アンソニー・シモンズ艦長が業務上過失往来妨害の疑いで書類送検されています。
その時の反省と再発防止策は生かされていたのでしょうか?
米軍が事故を起こす背景には日米安保条約と特権的な地位協定にあります。しかし、米軍は日本の施政権や提供水域で「自由航行」出来るわけではありません、
海上交通の国際法や各種の法規を遵守し、海上保安庁の指導・監督を受け入れるべきです。
事故情報の全面的な公開と再発防止。
米軍艦船は日本の海域において海上保安庁の指導に従うこと。
以上の2点を申し入れます。
                     2017年2月7日。


オスプレイ講演会・2月11日、沖縄大学で頼さん、福田弁護士、新倉さん講演

オスプレイ墜落抗議集会12月23日

   東日本大震災復興支援カンパ報告
1月の月例デモカンパは21,820円でした。
2月の月例デモカンパは22,200円でした。
3月の月例デモカンパは25、650円でした。
4月の月例デモカンパは19,095円でした。
5月の月例デモカンパは22、220円でした。
6月の月例でもカンパは27,270円でした。
7月の月例でもカンパは22,400円でした。
8月の月例デモカンパは22、490円でした。
9月の月例デモカンパは7,215円+12,000円でした。
10月の月例デモカンパは21、515円でした。
11月の月例デモカンパは22、428円でした。
12月の月例デモカンパは12,800円でした。
2013年1月の月例デモカンパは23,280円でした。
2月の月例デモカンパは19,208円でした。
3月の月例デモカンパは23,144円でした。
4月の月例デモカンパは22,730円でした。
5月の月例デモカンパは19,668円でした。
6月の月例デモカンパは23,600円でした。
7月の月例デモカンパは17,446円でした。
8月の月例デモカンパは22,811円でした。
9月の月例デモカンパは23,675円でした。
10月の月例デモカンパは20,251円でした。
11月の月例デモカンパは33,020円でした。
12月の月例デモカンパは26、616円でした。
2014年1月月例デモカンパは18,300円でした。
2月月例でもカンパは21,178円でした。
3月月例でもカンパは16,710円でした。
4月月例でもカンパは20,681円でした。
5月月例でもカンパは23,616円でした。
6月月例でもカンパは22,965円でした。
7月月例でもカンパは22,296円でした。
8月月例デモカンパは21、730円でした。
9月月例デモカンパは19、271円でした。
10月定例デモカンパは21、270円でした。
11月定例デモカンパは19,171円でした。
12月定例デモカンパは24,596円でした。
2015年1月定例デモカンパは9088円+12000円でした。
2月定例デモカンパは26、163円+打ち上げの残金2,400円でした。
3月定例デモカンパは21,337円でした。
4月定例デモカンパは21、701円でした。
5月定例デモカンパは20,748円でした。
6月定例デモカンパは20,386円でした。
7月定例デモカンパは21,925円でした。
8月定例デモカンパは21,013円でした。
9月定例デモカンパは30,300円でした。
10月定例デモカンパは22、250円でした。
11月定例デモカンパは23,125円でした。
12月定例デモカンパは30,540円でした。
2016年1月定例デモカンパは13,486円でした。
2月定例デモカンパは11,544円でした。
3月定例デモカンパは13,510円でした。
4月定例デモカンパは12,070円でした。
5月定例デモカンパは15,900円でした。
6月定例デモかんぱは11.888円でした。
7月定例デモカンパは9,005円でした。
8月定例デモカンパは11,664円でした。
9月定例デモカンパは12,440円でした。
10月定例デモカンパは13.121円でした。
11月定例デモカンパは17,660円でした。
12月定例デモカンパは17、109円でした。
2017年1月定例デモカンパは12,132円でした。
2月定例デモカンパは13,700円でした。
3月定例デモカンパは12,120円でした。
4月定例デモカンパは10,920円でした。
5月定例デモカンパは12,286円でした。
6月定例デモカンパは12,233円でした。
7月定例デモカンパは10、951円でした。
8月定例デモカンパは12,630円でした。
9月定例デモカンパは31,496円でした。
10月定例デモカンパは13,550円でした。
11月定例デモカンパは8、758円でした。
12月定例デモカンパは13,194円でした。
2018年1月定例デモカンパは10,710円でした。
2月定例デモカンパは12,491円でした。
3月定例デモカンパは14,790円でした。
4月定例デモカンパは14.712円でした。
5月定例デモカンパは14,711円でした。
6月定例デモカンパは12,780円でした。
7月定例デモカンパは12,770円でした。
8月定例デモカンパは9,310円でした。
9月定例デモカンパは9,600円でした。
10月定例デモカンパは14,681円でした。
11月定例デモカンパは12,220円でした。
12月定例デモカンパは14,833円でした。
2019年1月定例デモカンパは9,530円でした。

2015年より、福島原発告訴団と福島かながわ訴訟原告団の二団体に半分づつ隔月でカンパしています。

10月1日、原子力空母母港化5周年抗議集会

9月24日神奈川県弁護士会主催
立憲主義を取り戻す、かながわ憲法大集会

ロナルド・レーガン出港9月3日

    イージス艦バリーの横須賀基地配備に抗議する抗議文を在日米海軍司令官に渡しました。
2016.3.14
在日米海軍司令官 マシュー・カーター様
  在日米海軍横須賀基地司令官 デイビッド・グレニスタ様
抗議文
ミサイル駆逐艦「バリー」の
横須賀基地配備に抗議し、
イージス艦追加配備計画の撤回を求めます
非核市民宣言運動・ヨコスカ
ヨコスカ平和船団
 横須賀市本町3-14 山本ビル2F TEL/FAX.046-825-0157 
 本日3月14日、米海軍横須賀基地に、新たなイージス艦「バリー」が配備されました。昨年6月18日配備の駆逐艦「チャンセラーズビル」、同年10月19日配備の駆逐艦「ベンフォールド」に続く、
 横須賀基地イージス艦12隻体制の第3陣の入港に抗議し、追加配備計画の中止を求めます。

 集団的自衛権の行使が、現憲法下でも許されるという閣議決定。それを受けて合意された2015新ガイドラインは、「平時の協力」から「日本以外の国に対する武力攻撃対処」までの各シーンで、
 ミサイル防衛の対処能力の向上や共同対処を明記しました。横須賀基地のイージス艦追加配備は、対処能力向上そのものであり、日米軍事一体化、強化の象徴です。基地の街の市民として、
 これを容認することはできません。

 2015新ガイドライン合意時に発表された2+2の共同声明には、「イージス艦を追加配備するとの米国の計画、及び本年度後半に空母ジョージ・ワシントンをより高度な
 空母ロナルド・レーガンに交代させることを歓迎した」とあります。横須賀基地の強化が、新ガイドラインー「安保法制」の流れに沿ったものであることは明らかです。
 そしてより重要なことは、新ガイドラインー「安保法制」が作り出そうとするものが、すでに横須賀基地で先取りされているという事実です。
 垂直発射管を有し、動くミサイル発射システムであるイージス艦は、先制攻撃用に開発された巡航ミサイル・トマホークを、実際の戦争でくり返し発射し続けてきました。
 湾岸戦争とイラク戦争。ふたつの戦争の火蓋を切ったのは、横須賀を母港とするイージス艦でした。湾岸戦争は「バンカーヒル」、イラク戦争は「カウペンス」と「マケイン」。  ともに横須賀母港のイージス艦が、トマホークを発射して戦争が始まっています。

 イラク戦争の犠牲者は19万人。その7割の13万4000人が戦闘に巻き込まれて死亡した一般市民です。アメリカ軍兵士の戦死も4500人を超え、除隊後の自殺者や戦争後遺症に苦しむ元兵士の多さが
 深刻な問題となっています。
 開戦理由とされた、フセイン政権による「大量破壊兵器の保有」も、「テロリストをかくまっている」も事実ではなかったことが、米国自身の調査で明らかになっています。開戦から12年が過ぎて、
 アメリカ世論の多くが「過った戦争」と判断するようになったと伝えられていますが、奪われた命は還ってきません。
 そして強調しなければならないことは、こうした先制攻撃による軍事力の投入が「平和」を遠ざけ、より大きな混乱を作り出りだしているという事実です。
 歴史学者のエマニュエル・ドットは「ISを生んだのは、アメリカのイラク侵攻だ」(朝日、2015.2.19)と指摘します。欧米諸国が過去数十年にわたって繰り返してきた空爆や地上戦が、
 夥しい数の中東の市民を犠牲にしてきたことが、今日の「テロの脅威」を呼び込んでいるのです。
 こうした現状を冷静に見れば、「ミサイル防衛」という名目で行われている横須賀基地の強化を、黙って見過ごすことはできません。
 国際法に反する先制攻撃をくり返してきた横須賀のイージス艦。その艦がさらに増えることを容認できる理由がどこにあるでしょうか。

 ミサイル防衛は、それを打ち破るという大義名分を掲げた軍拡を、相手国に誘発します。問題はそれだけではなく、武器依存を深めることで、根本的かつ現実的な解決の役割を果たすべき外交交渉の余地を
 極端に狭め、軍事的な緊張を恒常化させます。この町が、こうした緊張を作り出す源であることを、私たちは拒否します。
 横須賀基地へのイージス艦追加配備を中止し、原子力空母も含むすべての艦船の米本国への帰艦を求めます。


1月3日、今年の最初のスタンディング、汐入駅に12人集まりました。




  









私たちの仲間平和船団のホームページができました。覗いてみてください。
heiwasendan.la.coocan.jp/


私たちの仲間「じん肺・アスベスト救援基金」のホームページができました。
http://http://www.jca.apc.org/~jinpai/index.htmll/

私たちの知り合い「福祉のまちづくりを進める市民集会」のホームページです。

http://www.geocities.jp/moritahiroo2000/

私たちの仲間の「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」のホームページができました。覗いてみてください。
http://cvn.jpn.org/




○みんなの反基地運動のために
 「基地の読み方・歩き方」明石書店 定価2000円+税
  写真167点・表、図版、地図101点
  お申し込みは書店、または連絡いただければお送りします。











軍転法って何に?

「聖戦」と教え込まれた太平洋戦争は日本の敗戦で終わりました。軍事力で栄えた横須賀も生まれ変わらなくてはなりません。そこで生まれたのが「旧軍港市転換法」という法律でした。国会を通過した「軍転法」は一地方公共団体のみに適用される特別法として、住民投票を必要としていました。横須賀の場合、投票率69.1%、賛成率90.8%に達します。こうして、「軍転法」は横須賀市民の圧倒的な支持を得て、1950年6月28日、公布されました。では「軍転法」とは?

新ガイドラインの全文はこちら!

ホームページに戻る